• セールスコーチング/顧客営業コンサルティング/店舗人財開発/自動車関連事業開発

ゴールはどこか?

1867年5/17の今日は幕末の志士、高杉晋作の命日です。高杉晋作の句で「おもしろきこともなき世をおもしろく」
という句があります。

この世の全ての人間が、自分のやりたい仕事・部署で働けている訳ではありません。しかしその中で自分なりに楽しみを見つけられるか、やりがいのある人生に変えるのは自分次第でもあるのです。

今年入社した新入社員の方と話す機会が多くあります。彼らの中には第一志望ではない会社に入社した。他の業界に行くつもりだった。という方も中にはいます。私が管理職であった時も新しく配属される社員に同じ意見だった社員が割と多くいました。私は彼らにはいつも同じことを伝えています。

「どこの会社に行ったかはさほど重要ではない。入社した会社で自分をどうするかが大事である。この会社は安定だ。この会社は倒産することはないだろう。そんな定かではない偽物のゴールなんて必要ない。」

どんな会社に入社しようとその後が重要になってくるのは間違いないです。いくら誰もが知っているような超有名企業に入社しようが入社後に成果を出さなければ何の意味もない。無名の小さい会社であっても、自分たちが頑張ることによって大きな未来が待っているかも知れない。

 ちょっとした心の考え方で目の前が大きく変わります。未来はさらに大きく変わります。人間は考え方次第でプラスにもマイナスにも簡単に変わります。自分の人生をマラソンに例えたら、代わりに走ってくれる人はいません。自分の人生は自分で走らなければなりません。ゴールの位置も、距離も、走り方も全部自分で決めることができます。特に新社会人の皆様にお伝えしたいです。是非自分で変えていく力を持って頑張っていってほしいと願っています。
文責:江原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です