• セールスコーチング/顧客営業コンサルティング/店舗人財開発/自動車関連事業開発

私は早口?

ニュースでアナウンサーがニュースの原稿を読み上げている。皆さんはそのアナウンサーに対して違和感を覚えたことはあるだろうか?ほとんどの人は気にも留めず聞いていることだろう。実はそこにはある理由があった。人が聞いていて心地よいと言われている話すスピードがあると言われている。それは1分間に約300文字程度の文字数だ。アナウンサーはこの1分間に300文字程度になるよう訓練されている。だからこそ普段聞いていても違和感を感じにくい。

人には性格があり早口の人もいればゆっくり話す人もいる。早口の人は割とせっかちであり、ゆっくり話されるとストレスになる。逆にゆっくり話す人は相手が早口だと恐怖を感じ委縮してしまう。
1分間に300文字がどの程度のスピードなのか基準を知っておくことで、ある程度相手の特徴を掴むことが可能だ。特徴をつかんだのであれば、まずは相手のスピードに合わ距離感を縮める。その後話していく中で、話すスピードに緩急をつければ、伝えたいポイント、最も強調したいポイントなどを意識させることもできる。

一度自分の話すスピードがどの程度が録画してみてはいかがだろうか?

文責:江原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です